を卒業し薬剤師国家試験に合格するといよいよ薬剤師としてのキャリアが始まります。ただ、すぐに現場で活躍するわけではなく、一人前の薬剤師となるためには基礎から応用までの教養?知識?技能が必要とされます。薬剤師は世に出る新薬の知識習得以外にも、指導方法の勉強や医療制度の改変に伴う対応など、日々学習が求められます。病院薬局、調剤薬局、ドラッグストアなどにおいては、あらゆる機会を設けて研修体制が組まれています。えば、調剤薬局における研修体制は、ドラッグストア 求人ごとに組まれているのが一般的です。薬剤師として現場に出るための最低限の知識?技能を身につける必要があります。薬局によって異なりますが、半年から1年程度のカリキュラムが組まれています。最初は社会人としてのマナーなど一般常識から入り、医療保険制度、医薬分業、調剤業務などを学びます。あたりから実務教育です。処方せんの受付から交付までの一連の流れを習得します。ここでは処方せん受付、薬歴の記載方法、疑義紹介の仕方、薬剤調整などのルーチン業務のほか、処方せんから病名を読み取る処方解析、病態、調剤の注意事項、医薬品管理などを学びます。その後は薬局現場で、指導薬剤師のもとで実地に指導を受けます。uceenet大抵は薬局長からマンツーマンで学ぶことになります。この段階を過ぎればようやく薬剤師としての仲間入りです。実習生に服薬指導の実習をおこなってもらっていますが、この服薬指導とはどのような事をするのでしょうか?簡単にですが、軽く説明させていただきます。ただ、薬によっては起床時、など様々な服用方法が存在します。誤った服用方法をしてしまうと、副作用がでやすくなったり効き目が鈍くなったりと良くないことが。また、薬によっては相性の合わない薬やサプリメント、食べ物があって、それによっても同じように効果の減弱や副作用の増強などが起こる可能性があります。そこで薬剤師は、薬を正しく理解して、正しく服用してもらうために服薬指導を行っております。薬の飲み方や飲み合わせなどで疑問があったりする場合は、必ず薬剤師に相談してください。

余談ですが、薬剤師さんから症状などについて問われることが有ると思いますが、これは、先生から指示されている薬剤と、症状や状態が適切に出ているかを確認しています。なぜそんなことが必要かというと、つとして稀に名前の似ている『全く違う薬』が処方されてしまう場合があるからです。少し文字が替わるだけで薬の効き目が全く変わってしまうのです!血糖値が高くない患者様にもし出てしまったら低血糖昏睡が起きてしまうかもしれません。そのような事故を未然に防ぐため、指導薬剤師薬剤師は患者様に症状などを確認させていただいき、薬剤が問題ないか判断しております。一般消費者のみなさんには、セルフメディケーションと言われても、実際に日常の軽医療に役立ってくれる薬剤師が近くにいないとピンと来ないかもしれません。薬剤師は、保険証も診察券も無くても、薬局店頭で日常の軽医療の相談に乗ってくれる存在なんですよ。実際には、身近なところで役に立つべきが薬剤師なのです。http://uceenet.jp/oshigoto/シンポジウムに参加しても自分の中で解決しなかった問題は、懇親会の中での解決を求めて名刺交換を繰り返します。帰ってからはすぐに、地元の医師会の先生方と、糖尿病をいかに早期に発見し、早期に治療して大事に至らぬようにするにはどうすれば良いのか?何が出来るのか?真剣に現実の取り組みの話をしています。薬剤師の生涯学習の必要性が指摘されるようになっています。薬剤師の資格は一度取得すると生涯有効になります。しかしそれだけで満足せず、より高いレベルを目指して、スキルアップを目指して研さんを積んでいくことが求められているのです。そんななか、薬剤師を指導する薬剤師の資格に注目が集まっています。これは認定指導薬剤師と呼ばれる仕事です。耳慣れない資格だという人もいるかもしれませんが、医療機関では必ずと言っていいほど配置されています。
http://blog.maycontainnuts.com/blog-entry--301493849834220210922410712398277142015412398255123122712395123881235612390---83834.html